フランチャイズの意味

フランチャイズという言葉は、多くの人が耳にしたことのあるものではないでしょうか。
ただ、それが一体どんな意味をもっているのか詳しいことはあまりわからないというのが正直なところです。
フランチャイズはビジネス手法のひとつで、日本国内にはたくさんのフランチャイズビジネスによる展開が、私たちの身近にあふれています。

フランチャイズビジネスはもともとアメリカで生まれたもので、”フランチャイザー”という特権を与える立場(企業本社など)から”フランチャイジー”(特権を与えられる側、各店舗の責任者など)にさまざまなビジネスプランや商材を提供し、その関係性を全国的にいくつも配置することでビジネスを拡大させていくシステムです。

フランチャイズビジネスは、フランチャイザーである企業からその経営方針やノウハウはもちろんのこと、企業ブランドである商標や商品をすべて提供され、フランチャイジーはそれを活用しながら店舗を運営、利益をあげることができます。
ブランド性が高ければ高いほど、人気商品が多ければ多いほど、フランチャイジーはビジネスを展開しやすくなるというメリットがあり、はじめて独立を考える人にとっては、一からすべてを構築する必要はなく、用意されたものを活用するフランチャイズビジネスは成功度が高いモデルといえるでしょう。

ただ、一旦フランチャイズビジネス契約を結ぶと、フランチャイザーはいわばその企業の一員であり、言い方は悪くなりますが”言いなり”に動かねばなりません。
その企業の方針に反するような店舗展開を自由に行うことは一切許されず、場合によっては違約金が発生する可能性も出ます。
独立して自分が好きなようにビジネスを展開したい人にとっては、しがらみの多いモデルという難点も持ち合わせています。